距離が近かったり、荷物が少なかったりする時は業者に依頼せず自力で行う方が安いと考える方が多いでしょう。しかし、それは本当にそうなのでしょうか。

引越しを自力で行う良い点は、なんといっても自分が好きなタイミングで引越しが行える自由度の高さと、運べさえすれば梱包はどんな状態でもよいため、業者に頼むときほどきっちりと詰める必要がありません。しかし、そのために荷物の破損があったとしても自己責任になるため保証がないだけではなく、地震で梱包用品の確保であったり人員の確保、手伝ってくれた方への謝礼や手配したトラックを運転し知らないところまで持っていくことに、不安を感じることもあります。

重い荷物それに対し、業者に依頼して引越しを行うのは、代金は掛かりますが、保証があったり重い荷物を自分で運ばなくて良いなどのメリットがあります。金額の上限を考えないのであれば、梱包から荷解きまで行うプランや、単身で荷物が少ないからこそ安く済ませるプランなど目的に合わせ選ぶことができます。いずれの業者に依頼する場合においても、相見積もりを取り、引越し費用の料金比較を行うことで、同じ作業でも金額に大きな差が出ることがあります。

見積もりを取る手間は有りますが、その作業を行う事により場合によっては、自分で引越しを行うよりも簡単に、手伝いの人に気を使わないで安く出来るため、単身での引越しであっても一度引越し業者の検討をしてみるのも、選択の一つとして検討してみる価値はあります。

「関連サイト」ファミリー引越センター

単身引越しを行う際の最大のメリットは、なんといっても家族での引越しと異なり、荷物が少ないことにあります。単身者向けの住宅によっては、引越しの手助けとなるように家具付きなどの物件もあるため持ち運ぶ必要ないこともあります。そのような単身引越しを行う業者にはどのようなサービスがあるのでしょうか。

業者荷物によりプランを考えるのであれば、BOXやカーゴに入る量の荷物であったら、「単身パック」と呼ばれる引越しサービスは、リーズナブルに設定された料金であるのに、運送保険がたいてい付けられているため万が一のことがあっても安心です。さらに、細々してすぐに使いたいものは自分で運びこみ、大きな荷物だけ業者に依頼したい方には「家具運搬サービス」がおすすめです。業者の専門性を発揮しながらも、雑務が沢山ある引越しの中で自力運搬を行うことで、業者に依頼しながらもある程度の自由度をもち動けるという、双方の良いところを生かせるプランです。

また、女性の一人暮らしには「女性専用パック」により、女性スタッフを指名できたりと、女性が不安に感じる点を解消できます。さらに、業者によっては盗聴器発見サービスや、女性では苦手な人が多い配線設置を行っています。しかし、女性は男性より嵩張る荷物が多く、更にそのような指定やサービスがついている分価格設定も高くなりがちなため、注意が必要です。

業者による単身引越しは、このようなサービスなどを行っています。荷物の量や安心であったりと、それぞれが求めているものに合わせて引越しできるメリットがあります。次の頁では、自分で引越しする時と業者を使って引越しをする時の比較の紹介をしています。

引越し引越しというと、家族単位で大きな荷物を優先して運んでくれるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。近年では、大学などの学校への進学や転勤などにより家族の元を離れ単身で引越しをされる方も多く、厚生労働省の国民生活基礎調査によると平成7年の全国の世帯総数4077万世帯の内、単独世帯は921万3千世帯で全世帯の22.6%であったのが、平成28年には熊本を除いた全国の世帯総数である4994万5千世帯の内、単独世帯は1343万4千世帯で全世帯の26.9%を占めるまでになっています。そのため、今や無くてはならない引越し会社では、単身引越しをされる方に特化したプランの提示を行っています。

冷蔵庫やベッドなど大型の家具が沢山ある家族単位での引越しと違い、単身で行う引越しは家具を現地で買うなど荷物が少ないことも多く、引越し業者に頼むのか自身で荷物を運ぶことを悩まれることもままあることです。近くでならば、身近な人々に手伝ってもらい運ぶことも可能ですが、遠方である場合そのようなわけにもいかず引越し業者を選択されることが多いでしょう。しかし、家族で行う引越しより融通が利く単身引越しは、その利点と荷物の少なさにより同じ市内での移動であれば10,800円からの引越しが可能になる場合もあり、友人や家族の手を煩わせることなく簡単に引っ越し作業を行うことができます

このような単身引越しをお考えの方に、こちらでは、業者を使って引越しを行うメリットについて説明します。引越しを検討中の方のお役に立てれば幸いです。