引越し引越しというと、家族単位で大きな荷物を優先して運んでくれるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。近年では、大学などの学校への進学や転勤などにより家族の元を離れ単身で引越しをされる方も多く、厚生労働省の国民生活基礎調査によると平成7年の全国の世帯総数4077万世帯の内、単独世帯は921万3千世帯で全世帯の22.6%であったのが、平成28年には熊本を除いた全国の世帯総数である4994万5千世帯の内、単独世帯は1343万4千世帯で全世帯の26.9%を占めるまでになっています。そのため、今や無くてはならない引越し会社では、単身引越しをされる方に特化したプランの提示を行っています。

冷蔵庫やベッドなど大型の家具が沢山ある家族単位での引越しと違い、単身で行う引越しは家具を現地で買うなど荷物が少ないことも多く、引越し業者に頼むのか自身で荷物を運ぶことを悩まれることもままあることです。近くでならば、身近な人々に手伝ってもらい運ぶことも可能ですが、遠方である場合そのようなわけにもいかず引越し業者を選択されることが多いでしょう。しかし、家族で行う引越しより融通が利く単身引越しは、その利点と荷物の少なさにより同じ市内での移動であれば10,800円からの引越しが可能になる場合もあり、友人や家族の手を煩わせることなく簡単に引っ越し作業を行うことができます

このような単身引越しをお考えの方に、こちらでは、業者を使って引越しを行うメリットについて説明します。引越しを検討中の方のお役に立てれば幸いです。